Copy
モノガタ x L'Express
ブラウザで読む
こんにちは。7月6日(火)です。
今週のメールマガジン モノガタ レ クスプレス をお届けしています。
 
#187 < 雑談風に物語のタネ > 人間は食べたものでできている
// 作業飯ナルモノ

梅雨らしい気候

わたしの中では梅雨=紫陽花のイメージがありますが、みなさんはいかがでしょう。

関東は5月からさんさんと輝く太陽のもとで紫陽花が咲きっぱなしに見えて、不思議な感じです。

今年は梅雨入りが全国的に早かった割には雨が降らず。夏かのような日が続いたと思いきや、この一週間は梅雨らしい気候になりました。

こうなってくると、なんだか朝の目覚めや夜の寝つきも悪い気がします。

それにひもづいて食欲も気になってきます。。。

...となんだか変なメールの入りになりました(笑)

 

人間は食べたものでできている

社会人になり、アラサーあたりからお昼に食べたものによって、襲ってくる眠気の深さに違いがあることにようやく気が付きました。

食べものをどのように消化するのかは個人の体質によります。わたしにとって食後に眠気をともなうのは「パスタ」です。これはもう確実な睡眠導入剤です(^^)

でも、手軽に済ませられるから眠くなると分かっていても食べてしまうことも多いです。ちょっとうたた寝をしたいときもありますし。

みなさんは食べものとの相性、いかがでしょうか。

加えて飲み物もやっぱり影響します。数年前は1日3~4杯のコーヒーを飲むことが多かったです(出先でもいただきますしね)。そして3年ほど前の年末年始。ふいにコーヒー断ちをしたら、ビックリ。

翌日に偏頭痛のようなものが出だし、後頭部や頭の側面の皮膚がヒリヒリと痛みだしたのです。

で、この症状をネットで調べると、なんとカフェイン依存によるものだとか。

眠くなるならまだしも、頭が痛くなる飲食物ははじめて。

人間って食べたものでできているなぁと強く感じた出来事でした。

 

集中するときの食べもの

なぜこのようなことをメールマガジンにしているかと申しますと、先日ふとYouTubeを開いたところ、こんな動画が推薦されました。

それは「イラストレーターが実践している集中するときの食べもの5選」なるもの。

下記にアドレスを貼りますので、興味のある方はどうぞ。

作業の集中力UPする食べ物  5選
https://www.youtube.com/watch?v=v6dw2rsweVU

軽く書きますとそれは「レッドブル(エナジードリンク)+ポカリ」「ラムネ」「サラダとチキン」「モスバーガーの菜摘(サラダ)バーガー」「コーヒー」といったもの。

レッドブルをポカリで薄めて、ちょびちょび飲むというのは身体に悪いかも笑い話にしています。が、徹夜の強い友だったそうでリアルな経験談です。

あとは「ラムネ」。ほぼブドウ糖でできているラムネは気休め+脳休めになるそう。これは少しマネしたいですね。

ただ、当たり前ですがどれにしても偏りすぎてはいけない。

食べものなんて情報に過ぎない

と、どなたかが言っていた気がしますが、わたしはそこまでストイックになれません。食べることも五感で楽しみたいですから。

食べものも、"見る、味わう、嗅ぐ楽しみ"、"栄養、素材の生まれ、素材同士が合わさった時の変化"など物語のネタはふんだんにあります。

にしても、眠くならない食べものには気を付けていましたが、集中する食べものという発想はなかったなぁ。

作業飯、ってパワーワードですね!

レッドブル+ポカリ、いつか試してみようかな(身体には悪そうですよね、笑)。

 

コーヒーブレイク

食材を分子レベルで分解して、組み上げる「分子料理」が数年前に話題になりました。

例えば見た目にイカツイ食材をムース上にして、逆に柔らかめの食材を固くして組み上げるなど、脳と味の感覚を戸惑わせることができるそうです。

もちろん、味の面でも配慮がなされているので美味しさも当然あり、だそう。

分子料理とまではいかないですが、素材を要素分解して意外な組み合わせを発見するレシピサイトがあります。その名も「フードペアリング」。

わたしも5~6年前ぐらいに知り、見た目が楽しいのもあってスマホの目立つところにお気に入りを置いたままになっています。が、じっくり見たことや試したことはありません(笑)

でも、おもしろい発想ですよね。

https://www.foodpairing.com/en/home


:::編集後記:::
紫陽花について軽く調べました。咲いている時期は5月~7月だそう。7月も咲いているイメージはわたしにはなかったのですが、でも冷静に考えたら関東の梅雨明けも7月中旬ですよね。

どうしても紫陽花=梅雨、そしてカタツムリのイメージは強力です(^^)
+ 物語のチカラ を信じて
Story innovation - ストーリー・イノベーション - は
「物語」を用い、貴社(および社内)とお客さまとの関係を維持する仕組み作りをサポート。
本サイトは、コミュニケーション・デザインを企画する
MARC LOGUE(マーク・ローグ)が運営をしています。

MARC LOGUE 代表  原田 健也
メールマガジンバックナンバーはこちら

Copyright © 2021 Story Innovation, All rights reserved.