Copy
モノガタ x L'Express
ブラウザで読む
こんにちは。11月23日(火)です。
今週のメールマガジン モノガタ レ クスプレス をお届けしています。
 
#207 < 番外編GT11 > グローバル・トレンド2040
// 出現しつつある動き - 先にまとめを

出現しつつある動き - 先にまとめを

『 グローバル・トレンド2040 』、11回目。4つの構造的な潮流を受けて、どのようなダイナミクスが起きるのかを読み進めます。
※メルマガ最下部 "コーヒーブレイク"ではこれまでの発行履歴リンクをつけています

出現しつつある動きは3つの分野「社会」「国内」「国際」です。レポートを少し読んだところ、いままでの内容と重複していく部分が増えていきそうに感じました。したがいまして、今回はそれぞれの章にある まとめを先に読んでいくことにいたします。その方が全体像が見えやすいかなと。

出現しつつある動きは以下の3つの分野です

社会面:幻滅、情報社会、分断
国 内:緊張、乱気流、移行
国 際:競争激化、不確実、衝突しやすい

 

各分野のまとめ

https://www.dni.gov/index.php/gt2040-home/emerging-dynamics

これまでの4つの潮流が今後20年の土台を築く一方で、同じく今後20年は、主に社会、国内、国際の3つのレベルの "選択"によって導かれていく。

個人、そして政策の選択が「社会のまとまり」「各国内のしなやかさ(柔軟性)」「国家間の作用の種類」を決定づける。

多くの国では、個々人は未来に悲観的になっており、そして国のリーダーを信用できなくなっていくだろう。その反応として、似たもの同士で集まるようになる結果となる。

コミュニティはより一層断片的になり、衝突も起きやすくなる。ビジョン、ゴール、信念についても不協和音が奏でられ、それらは政府に対する要求をますます強める結果となる。

同時に政府は、公衆が要求するものと、政府が届けられるもの(福祉、安全など)に不均衡が生じてくる。政治的に不安定になり、民主主義のリスクも増してくる。

満たされないニーズや期待は、NGO、教会、企業、はたまは犯罪的組織でさえ入り組んで、市場(marketplace)で解決がなされるようになっていく。

国家間のバランスについては、従来の軍事力や経済力を補完する形で、テクノロジー、ネットワーク、情報とそれぞれが基礎力と特徴を強めながら広く進歩していくことになる。

 

出現しつつある動き、まとめ部分


社会面:幻滅、情報社会、分断
https://www.dni.gov/index.php/gt2040-home/emerging-dynamics/societal-dynamics

Potentially slower economic growth in coming years and smaller gains in human development in many countries are likely to exacerbate distrust of institutions and formal sources of authority for some members of the public.

この先、潜在的な経済成長が鈍化していき、かつ、多くの国で基礎教育から得られるものが小さくなっていく。それによって、(それぞれの国の)機関に対する信頼の(補注:相対的にか?)悪化、社会のいくつかのグループにおける権威の源(権威付けるもの)も悪化していく。


国 内:緊張、乱気流、移行
https://www.dni.gov/index.php/gt2040-home/emerging-dynamics/state-dynamics

While populations are exercising more potent public voices, governments will experience mounting pressure from economic constraints and a mix of demographic, environmental, and other challenges.

国民は自らの声を届ける力を強めていく一方で、政府は経済的な制約や、人口動態・環境・その他の複合課題からのプレッシャーを経験することになるだろう。


国 際:競争激化、不確実、衝突しやすい
https://www.dni.gov/index.php/gt2040-home/emerging-dynamics/international-dynamics

These power dynamics are likely to produce a more volatile and confrontational geopolitical environment, reshape multilateralism, and widen the gap between transnational challenges and cooperative arrangements to address them.

(4つの潮流を受けた)出現する動きは、地政学的な環境を不安定なものにし、衝突も起きるだろう。多国家間の再構築、そして国家間の課題とその課題に対する協調力のギャップが広がっていく。

--

意味がとりづらい部分はありますが、なんとなくの方向性を掴むことができるかと思います。

次号以降、それぞれ3つのエリアを読み進めていきます。

 

コーヒーブレイク

目次とレポートのダウンロードリンクをこちらに載せておきます。目次は迷子にならないための道しるべです。

GT2040 は実務でも使われる資料なので、目次立てもしっかりしていますし、各章の頭に要約が載っています。しかもホームページではご丁寧に下記の並びでそれぞれの記事が用意されています。

ホームページ
https://www.dni.gov/index.php/gt2040-home

└ はじめに
└ 全体要約
 ・5つのキーテーマ
 ・前段と全体要約
└ Covid-19についての言及
└ 構造的な潮流
  └ 人口動態&教育
  └ 環境
  └ 経済
  └ 技術
└ 出現しつつある動き
  └ 社会面:幻滅、情報社会、分断
  └ 国 内:緊張、乱気流、移行
  └ 国 際:競争激化、不確実、衝突しやすい

└ ビデオ
└ 5つのシナリオ
  └ 1.民主主義の再生
  └ 2.世界的に漂流する
  └ 3.競争的な共生
  └ 4.バラバラになる
  └ 5.悲運の連鎖

└ 地域ごとのシナリオ
  └ ラテンアメリカ
  └ 欧州
  └ ロシア&ユーラシア
  └ 中東&北アフリカ
  └ サハラ以南のアフリカ
  └ 南アジア
  └ 北の東アジア
  └ 南の東アジア
  └ オセアニア


ホームージの大枠は以上のようになっています。

なお、GT2040自体のPDFは以下よりダウンロード可能です。

https://www.dni.gov/index.php/gt2040-home/gt2040-media-and-downloads

Current edition
Global Trends 2040: A More Contested World

をクリックです。156ページ。


◇本メルマガのバックナンバーも併せて。

00 GT2040を読み始めたきっかけ
https://mailchi.mp/4d0a125a9007/196-gt00

01 はじめに
02 導入~キーテーマ 5つ
03 ステージ構成
04 全体要約
05 新型コロナウィルス要因が未来に与えるもの
06 構造的な潮流 - 人口動態と人類の成長
07 構造的な潮流 - 環境 / 気候変動と環境悪化
08 構造的な潮流 - 経済 / Economic trends
09 構造的な潮流 - 技術 / Technology
10 構造的な潮流 - 振り返り


:::編集後記:::
本レポートを受けて、少し生物工学の分野で情報集めをはじめています。分からないことだらけですが、分からないことに気がつくのが新鮮です。
+ 物語のチカラ を信じて
Story innovation - ストーリー・イノベーション - は
「物語」を用い、貴社(および社内)とお客さまとの関係を維持する仕組み作りをサポート。
本サイトは、コミュニケーション・デザインを企画する
MARC LOGUE(マーク・ローグ)が運営をしています。

MARC LOGUE 代表  原田 健也
メールマガジンバックナンバーはこちら

Copyright © 2021 Story Innovation, All rights reserved.