Copy
モノガタ x L'Express
ブラウザで読む
こんにちは。2月16日(火)です。
今週のメールマガジン モノガタ レ クスプレス をお届けしています。
 
#167 < 文明と文化 > 「地」の文が美しい、とは
// 小説家から学べるもの

授業から"古典"が消える日...

先日、劇団の主宰者の方とお話をさせていただく機会がありました。

この方は "日本語の美しさ" を若い世代に伝えることをミッションに劇団を運営されています。

はじまりは海外公演に出ていたときより。海外の役者さんたちとの交流を重ね、彼ら/彼女からある共通のことを伝えられたそうです。

それは日本の演劇の素晴らしさ。

といっても、歌舞伎、浄瑠璃、能などのいわゆる古典に属する演劇作品です。

そして海外の演劇家はこうも重ねたそうです。「日本の古典演劇に学ぶところは多い。そして現代の日本演劇はどうなっているんだい。古典演劇を知らない劇団員が多いようだけれど...」というもの。

この言葉と自らの姿を重ねた結果、ご自身も古典演劇への研究が十分でなかったと気が付いたそう。

結果、"日本語の美しさ" を若い世代に伝えることをミッションとするに至ったとのこと。

加えてこの方から、新しい高校教育指導要綱から「古典」を学ぶ割り当てがなくなるとも教えていただきました。
※私がいま調べたところ、平成30年の高校教育指導要綱で古典は「古典探求」となり、授業時間の目安が記されていませんでした

 

文明と文化

引き継き、この劇団主宰者の方との話を。

文明と文化についても語ってらっしゃいました。大雑把に言うと、は明治以降、海外から持ち込まれた科学的思考とでもいいましょうか。

一方、文化はこの列島で育まれてきた流れです。

古典に触れる機会が減ることで、日本の文化を知るきっかけも損なわれてしまう

よってこの劇団では、劇の題材も古典小説から選ぶそう。

たとえば 伊藤左千夫の『 野菊の花 』や 樋口一葉の小説を挙げられていました。

いわく、

(古典)小説は登場人物のセリフをつなぐ、地の文が美しい

よって、私たちの劇では小説の地の文も含めて読み上げ、その読み上げに沿って、劇団員が動きを重ねるのです

と。

そして劇ですから、それらに演者の所作や古典音楽が合流していくことになります。

 

文脈

物語の強みは、文脈にあります

"行間を読む"

というと形ばかりのオトナ都合な言葉にも読めます。

一方で、行間を感じさせることは "スペース(余白)" が出来ることにもつながる。

このスペース(余白や遊び)は、人間の想像力や創造力を育む要素にも思います。


「(古典)小説は登場人物のセリフをつなぐ、地の文が美しい」

と主宰者はおっしゃいました。

物語の文脈をつなぐ地の文

この観点も味わいながら、物語を楽しんでいきたいですね。

 

コーヒーブレイク

いつだったか、この動画と出会いました。

https://www.abarth.jp/cp/scorpionspirit/archive/vol3/

お笑いで一世を風靡したブルゾンちえみ(現:藤原しおり)さんです。

イタリア古典ダンテの『神曲』を読み上げています。

この音を聴くと、イタリア語もやっぱり美しいなと感じます。

同じことが日本の古典にも言えるのでしょうね。

...ともっともらしいことを言いつつ、私、学生時代は古典の授業を(も!?)まじめにやっていませんでした(笑)ただ、古典に触れる機会はあったわけで、それはそれで貴重な体験だったのだなと思います。


:::編集後記:::
『 Dune / 砂の惑星』、翻訳版を読み終えました。これで終わりでなく、全6部作です。それでも終わらなかったようで、道半ばで著者フランク・ハーバートは去り、続きは息子さんが書き続けていると言います。素晴らしいですよね。

翻訳版も全6部作出ていたそうですが、どれも絶版。新訳としてこの第一部作が書店に並んでいる状況です。

さすがに残り5作を読む余力はないよなぁ...

参考まで)Dune 小説のレビュー by 本の雑誌
http://www.webdoku.jp/newshz/maki/2016/02/02/103046.html
+ 物語のチカラ を信じて
Story innovation - ストーリー・イノベーション - は
「物語」を用い、貴社(および社内)とお客さまとの関係を維持する仕組み作りをサポート。
本サイトは、コミュニケーション・デザインを企画する
MARC LOGUE(マーク・ローグ)が運営をしています。

MARC LOGUE 代表  原田 健也
メールマガジンバックナンバーはこちら

Copyright © 2021 Story Innovation, All rights reserved.